今月のTAXニュース

TAXニュース4月号

「2018年分の国外財産調書、5年連続増加」

提出は9,961人、総財産額は3兆8,965億円

 

近年、国外財産の保有が増加傾向にあるなか、国外財産に係る所得税や相続税の課税の適正化が

喫緊の課題となっていることから、納税者本人から国外財産の保有について申告を求める仕組み

として、2012年度税制改正において国外財産調書の提出制度が創設され、2014年1月から施行

されました(初回の調書は2013年分)。国税庁はこのほど、国外財産調書制度創設後6年目となる

2018年分の国外財産調書の提出状況を公表しました。

 

それによると、2018年分(2018年12月31日における国外財産の保有状況を記載した)国外財産調書は、

昨年3月末を期限に提出されていますが、提出件数は前年比4.3%増の9,961件、その総財産額は同6.3%増の

3兆8,965億円とともに5年連続で増加しました。局別に提出件数をみると、「東京局」6,413件(構成比64.4%)、

「大阪局」1,405件(同14.1%)、「名古屋局」719件(同7.2%)の順に多く、この都市局3局で全体の8割半ば

を占めました。

 

財産額でみると、「東京局」は2兆8,458億円にのぼり、全体の73.0%を占め、東京・大阪(13.6%)・

名古屋(5.6%)の3局で9割強を占めます。

また、財産の種類別総額では、「有価証券」が54.2%を占める2兆1,135億円で最多、「預貯金」5,771億円

(構成比14.8%)、「建物」4,360億円(同11.2%)、「貸付金」1,880億円(同4.8%)、「土地」1,557億円

(同4.0%)のほか、「それ以外の財産」4,261億円(同10.9%)となっています。

 

国外財産調書提出制度は、その年の12月31日においてその価額の合計額が5千万円を超える国外財産を

有する居住者は、翌年3月15日までにその財産の種類や数量及び価額その他必要な事項を記載した国外

財産調書を、税務署長に提出しなければならないというものです。個人を対象に2014年から義務化されたが、

国外財産調書は、自主的に自己の情報を記載し提出するものであることから、インセンティブ措置等が設けら

れています。

 

☆☆インセンティブ措置☆☆

(1)調書を期限内に提出した場合に、記載された国外財産に係る所得税・相続税の申告漏れが生じた

ときであっても加算税を軽減(▲5%)、(2)調書の提出がない場合又は提出された調書に国外財産の

記載がない場合に、その国外財産に関して所得税の申告漏れが生じたときには、加算税を加重(+5%)

します。また、2015年からは故意の不提出や虚偽記載に対して1年以下の懲役又は50万円以下の罰金

が科されます。