今月のTAXニュース

TAXニュース6月号

「事業所得者の定額減税は予定納税から控除」

第1期分予定納税額の納期を9月まで延長

 
 2024 年分所得税の定額減税は、納税者(合計所得金額 1805 万円超の高額所得者
については対象外)及び配偶者を含めた扶養家族1人につき、3万円が控除される。
多くの給与所得者は、6月1日以降最初に支払いを受ける給与等から、源泉徴収される
べき所得税の額から特別控除相当額を控除するが、事業所得者や不動産所得者などに
係る所得税の定額減税は、予定納税の対象となるか否かで対応が異なる。

 予定納税は、その年の5月 15 日現在において確定している前年分の所得金額や
税額などを基に計算した金額(予定納税基準額)が15 万円以上となる者が、予定納税
基準額の3分の1の金額を、その年に第1期および第2期として2回納付することになる。
2024年分の予定納税基準額は、定額減税額がないものとして計算することとされ、
原則として 2023 年分の申告納税額と同じ金額となる。

 そこで、予定納税基準額が 15 万円以上の場合は、2024 年分の所得税に係る第1期
分予定納税額(7月)から本人分に係る定額減税額に相当する金額(3万円)が控除される。

 また、納税者からの予定納税額の減額申請の手続きにより、第1期分予定納税額また
は第2期分予定納税額について、同一生計配偶者等に係る定額減税額に相当する金額の
控除の適用を受けることができる。さらに、第1期分予定納税額から控除してもなお控
除しきれない定額減税額相当部分の金額は、第2期分予定納税額から控除する。

 なお、上記の減額申請の手続きに係る措置に伴い、2024 年分の第1期分予定納税額の
納期を7月1日から9月 30 日までの期間(現行:同年7月1日から同月 31 日まで)とする
とともに、同年6月 30 日の現況に係る予定納税額の減額の承認の申請期限を同年7月
31 日(同:同月 15 日)とすることとされている。

☆確定申告の場合☆
 予定納税基準額が 15 万円未満の事業所得者等は確定申告で定額減税が控除されます。
確定申告を行う納税者は、2024 年分の確定申告の際に、定額減税を適用しないで算出し
た所得税額から定額減税額が控除されることになります。給与所得者や年金受給者が不動
産所得などの他の所得を有する場合等には、源泉徴収の段階で定額減税の適用を受けた上、
確定申告で最終的な定額減税額との精算を行うこととなります。